« セカンドオピニオン | トップページ | メンタルヘルスクリニック(12年22回目) »

2012/10/05

メンタルヘルスクリニック(12年21回目)

9月28日に、メンタルヘルスクリニックへ行き、
セカンドオピニオンについて報告してきました。

「どうでしたか?」
あまり調子は変わりありませんが、
水曜日にセカンドオピニオンを聞いてきました。
結果的に、橋本病との関係では、
橋本病は落ち着いているから、
精神的なものが大きいと考えた方が良いと言われました。
また、今後の治療については、
まだ試していない薬があること、
3年あれば大丈夫であること、
双極性の可能性もあるので、
その場合は、薬の選択の幅が広がること、
それでもダメなら電気ショックがあるとを言われました。
先生の方に、直接、紹介状への返信を郵送するということで、
返信は預かってきませんでした。

「返信は、直接来るのですね。
来たら、内容をよく見て参考にさせていただきます。」
よろしくお願いします。

「甲状腺の方は、セカンドオピニオンをもらったのですか?」
うつの理由について、
甲状腺の方が落ち着いているなら、
精神的なものを考える方がいいということだったので、
もらうのをやめました。

「あんまり橋本病が精神的なものと関係している印象はないですよね。
明らかに関連する人もいるんですけど。」
そうですか。
それから薬ですが、今使っているものは、
結構長く使っているんですけど。

「SNRIを中心に出していたんですけどねぇ。
より内因性に近いタイプかなということもあって。
SSRIもいいんですけど、
より神経症的な不安障害に近いようなタイプに使うんですよ。
SNRIは、セロトニンとノルアドレナリンのシステムに効き、
SSRIは、選択的にセロトニンに効くんですね。
なので、SNRIの方がブロードスペクトラムに(幅広く)効くんですね。
SSRIだと、また少し違うかもしれないけど。」
なるほど。

「それから双極性障害は今はトレンドになっていて、
双極性障害の目で見てみようとなっていますね。」
リーマスという薬があるのですか。

「炭酸リチウムね。それは昔から使われている双極性障害の薬ですけど、
もうちょっと新しい薬もできていますよ。
でも、うつの背景に気分の躁とうつの要素が隠れている場合がありますが、
まあ、躁と言われる強いものは微妙ですよね。
マイルドな躁病相の人もいるんですけど。
あなたの場合、圧倒的にうつの方が多いですよね。」
正義感に駆られて、カッとなることもあるんですけど、
なにか起きたからなるんで、
サイクルで躁の時期が来るというより、
何かあると突発的に気分が高揚するんです。

「反応してね。気分が高まるという感じですよね。
脳から来ているというより、外からの刺激によって高まる感じですよね。」
そうなんです。

「わかりました。
とりあえず、今日は、薬はこのままでいいですか?変えますか?」
いえ、特に変えなくても。

「じゃあもうちょっと様子を見るということで、また相談していきましょう。」
はい。

 

ということで、薬の処方は、以下のとおりで変更ありませんでした。

◆メンタルヘルス関係
 ①ベタマック錠50mg(処方はドグマチール錠50mg) 毎食後1錠
 ②サインバルタカプセル20mg 朝食後3カプセル
 ③センノサイド錠12mg「サワイ」(処方はプルゼニド錠12mg) 就寝前1錠
  (実際は3日に1回3錠を昼食後に服用)
◆甲状腺関係
 ④チラーヂンS錠50 朝食後1錠
 ⑤チラーヂンS錠25 朝食後1錠
◆高脂血症関係
 ⑥ゼチーア錠10mg 朝食後1錠

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

|

« セカンドオピニオン | トップページ | メンタルヘルスクリニック(12年22回目) »

メンタルヘルスクリニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35060/55821476

この記事へのトラックバック一覧です: メンタルヘルスクリニック(12年21回目):

« セカンドオピニオン | トップページ | メンタルヘルスクリニック(12年22回目) »